⇒TOP PAGE   ⇒昔がえりの会とは?   ⇒生産者紹介   ⇒農産物紹介  
 
 品種にまでこだわった農産物。

一覧表
トマト きゅうり ナス ブロッコリー 小松菜 水稲
ほうれん草 みず菜 じゃがいも レタス たまねぎ ネギ
枝豆 春菊 かぼちゃ キャベツ まいたけ しいたけ
 
レタス
Lactuca satica L.)
キク科
原産地:地中海沿岸〜アジア
<主要品種>
 シリウス  エンタリオ  エムラップ
 

<出荷時期>
 10月中旬〜2月
 
<特徴>
 レタスは大きく分けると「茎レタス」「立レタス」「葉レタス」「玉レタス」の4種類があります。一般的には「玉レタス)が主流です。そして「葉レタス」の一種は、葉先が赤身を帯びたサニーレタスとして食卓を飾っています。
 意外にも玉レタスが日本に広まっていったのは、第二次世界大戦後。昭和40年代になってから、食生活の変化、肉食の普及により、ようやくレタスも大衆化した野菜となりました。
レタスは、成分の95%が水分である淡色野菜ですが、ビタミンやミネラルなど、体に必要な栄養素をバランス良く含んでいます。他にも便通の促進に欠かせない食物繊維、貧血の予防効果がある鉄分、口内炎や肌荒れに効果がある葉緑素などが含まれています。
<こだわりレタス>
 「昔がえりの会」のレタスは、葉の柔らかさと甘さが特徴です。また、「昔がえりの会」のレタスは、埼玉県特別栽培農産物認証を取得しています。
<おいしいレタスの選び方>
 
丸みがあり、茎の切り口が白く、みずみずしいものが良いレタスです。手に持ってみて軽くなくズッシリ感もないくらいのレタスを選んでください。
保存するときは風に当たらないようにして一番涼しい場所で芯を下に向けて保存します。
 また、レタスは包丁で切ると切り口が傷みやすいので手でちぎって使った方が良いとされています。

【関東地区昔がえりの会 レタス部会】
 
滑ヨ東地区昔がえりの会websiteに掲載の文章・記事・写真等の無断転載を禁止します。
著作権は滑ヨ東地区昔がえりの会、またはその情報提供者に帰属します。