ホーム > 最新情報 > 求人情報 > インターンシップ > 農業インターンシップで理解でき入社

農業インターンシップで理解でき入社

2020年6月15日
インターンシップ

 

●大畠悠 
(2017年7月農業大学校在学中に農業インターンシップ経験、その後入社)
私は農業の経験がなく、大規模生産が行える農業法人で学びたいと考え探していました。埼玉県農業大学校のプログラムにある先進農家体験学習で昔がえりの会にインターンシップを申し込みました。

以前会社情報のみで就職をした際、自分のやりたい仕事の方向性とのギャップがありました。今回はインターンシップの利用で、私の働いているイメージと会社の業務内容が一致しているか確認することができました。
インターンシップの利用は、会社の業務内容を把握出来た点のみならず、会社内の雰囲気や社員に対するキャリアプランなども知ることができ、自分のライフプランの設計ができたため、会社へ就職する決め手となり、有用な制度であったと感じています。