特別栽培農産物

2020年5月16日
関東地区昔がえりの会

人と、作物と、環境とともに生きたいから。
 「昔がえりの会」は環境問題にも取り組んでいます。

 
 年々、悪化の一途をたどる地球環境。大量生産を優先するあまり、必要以上の化学肥料や化学合成農薬を投入された田畑の農産物。

 私たちが生きていくうえで何よりも大切な地球や農作物が、今、悲痛な叫びをあげています。

 農業は本来、環境と調和して営まれる産業です。そして健康的で豊かな食生活や、美しい景観の形成は、私たちみんなの願いでもあります。

私たち「昔がえりの会」は、環境に対する負荷を極力小さくし、さらには環境と調和した持続的農業、すなわち「環境保全型農業」に積極的に取り組んでいます。
 
 特別栽培農産物認証への取組み

特別栽培農産物とは、その農産物が生産された地域の慣行レベルに比べて、
  ◎化学合成農薬使用回数:5割以下
  ◎化学肥料の窒素成分量:5割以下
 以上の条件で栽培された農産物です。
 
 特別栽培農産物の条件を満たし、埼玉県からの認証を受けた農産物であれば、任意に認証マーク『コバトン』の表示をすることができます。