⇒TOP PAGE   ⇒昔がえりの会とは?   ⇒生産者紹介   ⇒農産物紹介  
 
 品種にまでこだわった農産物。

一覧表
トマト きゅうり ナス ブロッコリー 小松菜 水稲
ほうれん草 みず菜 じゃがいも レタス たまねぎ ネギ
枝豆 春菊 かぼちゃ キャベツ まいたけ しいたけ
 
春菊
Chrysanthemum coronarium var. spatiosum)
キク科
原産地:地中海沿岸
<主要品種>
 さとゆたか
 

<出荷時期>
 10月下旬〜2月下旬
 
<特徴>
 春に花が咲くことから「春菊」の名が付けられました。関西では一般的に「菊菜」と呼ばれます。また摘んでもすぐに新芽を出すので無尽草とも呼ばれます。
 日本に伝播したのは室町時代頃と言われています。地中海沿岸原産ですが、独特の菊の香りがヨーロッパでは好まれず、食用にするのは日本をはじめ東アジア諸国のみです。
 春菊は、βカロチンやビタミンB群・C、鉄分、カルシウム、カリウム、食物繊維など栄養素を豊富に含む代表的な緑黄色野菜です。さらに漢方においても、のぼせを鎮めて回復力や抵抗力を高める「食べるかぜ薬」として珍重されていました。風邪予防にオススメの一品です。
<こだわり春菊>
 「昔がえりの会」の春菊は化学肥料不使用栽培の春菊のため、色は少々淡いですが、甘味があり、エグミが少ないのが特徴です。
<おいしい春菊の選び方>
 
青々しい葉で、茎が細いもののほうが柔らかく、茎の下から葉が密生しているものが良い春菊です。
 買ってきたらそのまま冷蔵庫にしまわず、さっと水洗いし、いたんだ葉があれば取り除きます。すぐに使わない場合は、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保存すると、みずみずしさを保つことができます。

【関東地区昔がえりの会 春菊部会】
 
滑ヨ東地区昔がえりの会websiteに掲載の文章・記事・写真等の無断転載を禁止します。
著作権は滑ヨ東地区昔がえりの会、またはその情報提供者に帰属します。