⇒TOP PAGE   ⇒昔がえりの会とは?   ⇒生産者紹介   ⇒農産物紹介  
 
 品種にまでこだわった農産物。

一覧表
トマト きゅうり ナス ブロッコリー 小松菜 水稲
ほうれん草 みず菜 じゃがいも レタス たまねぎ ネギ
枝豆 春菊 かぼちゃ キャベツ まいたけ しいたけ
 
水稲
Oryza sativa L.)
イネ科
原産地:東南アジア
<主要品種>
 コシヒカリ  ひとめぼれ
 彩のかがやき  峰の雪もち
 

<出荷時期>
 周年栽培
 
<特徴>
 お米は縄文時代の頃、最初に東南アジアや朝鮮半島や台湾を経て北九州に伝わってきたといわれています。お米には日本で通常食べているジャポニカ種、一番多く色々な国で食べられている細長いインディカ種、大型で幅の広いジャバニカ種があります。またデンプン質組成の違いから、もち米とうるち米に分けられます。
 お米の主な成分を調べてみると、炭水化物76%、たんぱく質7%、脂質1%などで、体を動かすガソリンともいえます。 また、体を作るたんぱく源でもあります。お米のたんぱく質にはアミノ酸がバランスよく含まれています。
<こだわり水稲>
 「昔がえりの会」の水稲は、お客様からご注文いただいてから精米をしますから、おいしさが違います。
 また、「昔がえりの会」の水稲は、埼玉県特別栽培農産物認証を取得しています。
<玄米のススメ>
 
玄米とは稲の一番外側の米の籾殻だけを除去したものを指します。精白米はおいしいのですが、栄養素の面から見ると、玄米には適いません。玄米は便秘解消、肥満防止、大腸がんをはじめとするガン予防、高脂血症予防など生活習慣病対策に効果的に働きます。
 また疲労回復、脚気予防、皮膚炎・口内炎の緩和、老化防止、ホルモン分泌の調整、冷え性の緩和、美肌効果などの働きも持っています。

【関東地区昔がえりの会 水稲部会】
 
滑ヨ東地区昔がえりの会websiteに掲載の文章・記事・写真等の無断転載を禁止します。
著作権は滑ヨ東地区昔がえりの会、またはその情報提供者に帰属します。