⇒TOP PAGE   ⇒昔がえりの会とは?   ⇒生産者紹介   ⇒農産物紹介  
 
  顔の見える生産者
ページ  1 2 3 4 5 6 7 8  
氏名 金井 明
栽培品目 みず菜、枝豆
生産者より一言 農業を始めて35年。就農当時は酪農や養蚕、すいか、メロン等を作っていましたが、その後ハウス胡瓜に転換、近年はパート雇用に対応するため、みず菜や茶豆等を栽培しています。
また数年前より長男夫婦も経営に参画する中で家族経営協定を結ぶことにより、夢と希望とゆとりのある豊かな農業の実現を目指しています。
趣味はダンス、ドライブ、読書です
備考 関東地区昔がえりの会会長、みず菜部会長
氏名 小暮 郁夫
栽培品目 胡瓜、ブロッコリー、水稲、小麦
生産者より一言 昭和47年に新規就農して以来、33年間専業農家の後継者及び経営主として野菜栽培に取り組んできました。
環境保全循環型農業及び美味しい農産物づくりを目指した、西川貞章昔がえりの会代表会長の実践した昔がえりの会の理念に出会って、圃場栽培試験に取り組んでから26年です。
平成11年7月、埼玉県北部地域での昔がえりの会農産物のブランド事業化から、今日まで皆様に愛され育てていただいた、昔がえりの会農産物を今後とも誠心誠意育てていきます。ご期待、ご支援をよろしくお願い申し上げます。
備考 滑ヨ東地区昔がえりの会 代表取締役社長
氏名 伊藤 裕
栽培品目 ブロッコリー、トマト
生産者より一言 私は昔がえりの会の基本方針、安心・安全でおいしい農産物の生産を実践して、野菜生産を行っております。完熟醗酵堆肥だけを用い、また低農薬での生産を行っています。また、農業用水も神流川の上流よりパイプラインで引き、きれいな水を使って、栽培しています。
備考 滑ヨ東地区昔がえりの会 総務部長
氏名 吉沢 英彰
栽培品目 ブロッコリー、キャベツ、中玉トマト
生産者より一言 私はとにかく安心、安全な野菜を作るため農薬はほとんどかけません。
たまには虫がいるかもしれませんが、それはおいしく、安全だという事の証明です。虫を取ってどれだけおいしいか、良く味わってください。
備考  
氏名 紙田 晴夫
栽培品目 梨(豊水、幸水、新高、愛宕)
生産者より一言 梨は1年間かけて栽培し、お客様に安全・安心・おいしいをモットーに心を込めて作っております。
現在、宅配中心になっておりますが、品物が届いて「新鮮でおいしい」と喜ばれるものを心がけております。
梨は8月中旬から12月下旬、お正月用愛宕(22個入、3s)の梨の予約も受け付けております。
備考  
次のページへ→ 
滑ヨ東地区昔がえりの会websiteに掲載の文章・記事・写真等の無断転載を禁止します。
著作権は滑ヨ東地区昔がえりの会、またはその情報提供者に帰属します。